帝国ホテルに香取ショップ 1年かけての開店で感激 最初の客は草なぎでデニムお買い上げ

[ 2018年8月26日 05:00 ]

ディレクターを務めるショップ「JANTJE_ONTEMBAAR」で自身のアートを裏地に使ったコートを披露する香取慎吾
Photo By スポニチ

 俳優の香取慎吾(41)がディレクターを務めるファッションのショップ「JANTJE_ONTEMBAAR」(ヤンチェ・オンテンバール)が25日、東京・帝国ホテルの商業施設「帝国ホテルプラザ」にオープンした。

 スタイリストの祐真朋樹氏(53)と組んで企画やデザインなどを手掛け、サンヨーコート、ボルサリーノなど有名ブランドとコラボ。香取のアートを裏地に取り入れたコートなどオリジナル商品を展開する。ショップ名は「やんちゃ坊主」「おてんば娘」の語源となったオランダ語。

 香取は前日24日に内覧会を開催。昨年9月のジャニーズ事務所退社直後から準備を始め「この日に向けて約1年。信じられないです」と感激。番組の収録で23日に訪れた草なぎ剛(44)が最初の客となり、デニムパンツなどを購入。「評価が良かった。ジーニストに褒められてうれしい」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2018年8月26日のニュース