Little Glee Monster 世界へ第一歩 台湾&香港で初公演

[ 2018年7月16日 05:30 ]

台湾の故宮博物院の前で歌うLittle Glee Monsterの(左から)かれん、MAYU、芹奈、manaka、アサヒ
Photo By 提供写真

 ガールズボーカルユニット「Little Glee Monster」が14、15の両日、初のアジアツアーを行った。14日は台北、15日は香港と、いずれもライブハウスに観客500人ずつを集めて開催。海外公演は初めてで、これを世界進出の足掛かりとする。

 5人は緊張した面持ちで香港・ミュージックゾーンのステージに登場。全員そろって「ホウーサンギンドゥーダーガー(みんなに会いたかった)」とあいさつすると、悲鳴に似た歓声が上がった。

 MAYU(18)の「ヤイーツェーツァン(歌って)」という呼び掛けに、タオルを回しながら歌うファンの姿も見られた。ヒット曲「放課後ハイファイブ」や新曲「世界はあなたに笑いかけている」(8月1日発売)など16曲を、美しいハーモニーを交えて披露した。

 前日の台湾・レガシー台北での初海外公演も超満員で成功させた。公演前には、TBSの音楽特番「音楽の日」の中継で故宮博物院の前で歌った。

 芹奈(20)は「デビュー当時からアジアツアー、ワールドツアーが私たちの目標の一つだった」と感激。manaka(17)は「世界に向けてこれからどんどん活躍できれば」と掲げた。東京五輪の開会式で歌うことを夢見る5人。圧倒的な歌唱力で、世界中に「日本にリトグリあり」を刻みつける。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年7月16日のニュース