テレ朝「おっさんずラブ」に「予想を超えた大きな反響」 角南社長が好評の要因分析

[ 2018年5月29日 14:19 ]

テレビ朝日のドラマ「おっさんずラブ」試写会イベントに出席した(左から)林遣都、田中圭、内田理央
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の角南源五社長(61)が29日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、おっさん同士の純愛を描き、話題となっている田中圭(33)主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(土曜後11・15)について言及した。

 視聴率は3%前後だが、設定の斬新さもあり、放送開始当初からツイッターの世界トレンド1位になるなど、大きな話題を呼んでいる。角南社長は「見逃し視聴はかなり好調」だとし、「人をピュアに好きになるところが新鮮で、好評を得ている要因だと思っています」と好調の要因を分析。視聴者窓口には「予想を超えた大きな反響はいただいている」とした。

 編成担当の亀山慶二専務(59)は「視聴率の方は総合視聴率でも8%に達していないが、SNS上で活発なやり取りをしていただいている。新しい視点を持った企画とともに人材を出していきたいと思って立ち上げた企画ですが、SNSで活発に議論をしていただいているのはありがたい」。

 最終回を前にして映画化や続編を希望する声も出ているほどだが、亀山専務は「ありがたいお言葉ですが、今のところそういう予定はない」と予定を否定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月29日のニュース