EXILE 小林直己がハリウッド映画デビュー 映画「アースクエイク・バード」

[ 2018年5月8日 05:30 ]

ハリウッド映画デビューする小林直己
Photo By 提供写真

 EXILE、三代目 J Soul Brothersの小林直己(33)がハリウッド映画デビューする。

 「エイリアン」の監督で知られるリドリー・スコット氏(80)がプロデュースする「アースクエイク・バード」で、日本を舞台にした心理サスペンス。2016年にアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル(29)と、エルビス・プレスリーの孫で女優のライリー・キーオ(28)がダブル主演。小林はこの女性2人の間をかき回すミステリアスな日本人カメラマンを演じる。

 小林は昨年、映画デビューした「たたら侍」の米国プレミア上映で流ちょうな英語でスピーチし、現地関係者の間で高く評価されていた。今作も英語のセリフが大半を占める。公開日は未定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月8日のニュース