羽生竜王に最優秀棋士賞「大きな励み。前に進んでいく気持ち」

[ 2018年4月17日 05:30 ]

将棋大賞受賞者との記念撮影に臨んだ羽生竜王(前列右から2人目)
Photo By スポニチ

 第45回(2017年度)将棋大賞の表彰式が16日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた。2年ぶり22回目の最優秀棋士賞に輝いた羽生善治竜王(47)、優秀棋士賞の菅井竜也王位(26)らが出席。受賞者を代表して羽生は「1年間の成績をこうした形で評価していただくのは大変大きな励みになる。これを機に前に進んでいく気持ちです」とあいさつした。

 記録4部門をはじめ特別賞、新人賞など「7冠」を獲得した藤井聡太六段(15)は学業優先のため欠席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2018年4月17日のニュース