梅津弥栄子アナ「とくダネ」卒業 小倉氏とのタッグ「奇跡みたいなご縁だった」

[ 2018年3月30日 09:44 ]

フジテレビの梅津弥英子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの梅津弥英子アナウンサー(40)が30日、朝の情報番組「とくダネ!」(午前8・00〜9・50)を卒業した。

 エンディングで、同じくこの日で番組を卒業する同局の木下康太郎(32)、内野泰輔(25)、海老原優香(23)の後輩3アナウンサーとともにあいさつ。同番組は、梅津アナが入社した1年前にスタートしたといい「“今までにない番組が始まった”という興奮を覚えているのですが、小倉さんの隣に私がいられることになろうとは。奇跡みたいなご縁だった」と振り返った。

 また、小倉キャスターからは「簡単には後輩に伝えたくない金言をたくさんもらった」とし、「今後の後輩育成にいかしたい」と力強く宣言した。

 梅津アナは14年3月24日から同番組に加入。女優・菊川怜(40)と、また、菊川が卒業した17年10月からは同局後輩の海老原優香アナウンサー(23)とダブルキャストでのメーンアシスタントを4年間務めた。4月2日からは、新しく始まる昼のニュース番組「FNNプライムニュース デイズ」(月〜金曜前11・30)のキャスターを担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月30日のニュース