エド・はるみ、慶大大学院の修士取得 今後はタレント業と研究続ける

[ 2018年3月28日 00:00 ]

お笑いタレントのエド・はるみ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのエド・はるみ(年齢非公表)が27日、慶応大大学院の修士課程を取得したと発表した。

 所属事務所を通じてコメントを発表。「2年前に入学をしました、慶応大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)の修士課程を修得し、明日28日、修士号の学位を授与されることとなりました」と報告した。

 仕事との両立に苦労するも「お陰様で何とかやり切ることができました。今はほっとした喜びと、支えて下さった皆様への感謝の気持ちで一杯です」と心境を告白。

 エドは昨年、東京都の小池百合子知事が主宰する政治塾「希望の塾」に参加し話題に。今後については「タレントとして仕事をさせていただきながら、その一方で、論文を執筆し、引き続き研究も続けて行く所存です。また、実践的ワークショップや講演会を全国の企業さまや若い次世代の方々に向けて広く展開しながら、普遍的で身近なテーマを、分かり易く、楽しく、時に笑いを交えて『伝えて』いくことを、積極的に展開して行きたいと考えております」と抱負。政治家転身の可能性には触れなかった。

 研究内容は「身体的アプローチによってネガティブな感情をポジティブな感情に反転させる“ネガポジ反転”手法の検証」と説明している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月27日のニュース