岩田剛典 大阪で“洗礼”受ける「いっぱいハグされましたね 見知らぬおばちゃんに」

[ 2018年3月17日 17:05 ]

主演映画「去年の冬、きみと別れ」の舞台あいさつを行った(左から)土村芳、岩田剛典
Photo By スポニチ

 三代目 J Soul Brothersの岩田剛典(29)が17日、大阪市内で女優・土村芳(27)と主演映画「去年の冬、きみと別れ」(監督瀧本智行)の舞台あいさつを行った。前日夜から大阪入りしていたという岩田は、すき焼き店で晩ご飯。「店を出るころには10人ぐらいのお客さんが集まってくださっていて、いっぱいハグされましたね。見知らぬおばちゃんに」と、大阪のオバサマからの洗礼を受け笑っていた。

 同作は結婚を控えた主人公が謎の殺人事件を追ううち、わなにかかって婚約者を危険にさらしてしまうストーリー。作品に引っかけ、劇場に集まったファンからの質問コーナーでは「誰かに復讐(ふくしゅう)したい、と思ったことありますか?三代目のメンバーとか」と生々しい問いかけを受け苦笑い。「メンバーにはないですよ。学生のころ部活をやっていて試合中に接触したりしたら“仕返し”はしたことあります」と、学生時代にプレーしていたラクロスでの思い出を披露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年3月17日のニュース