「筆跡仕事人」が署名分析、りえ「かかあ天下」な一面も、森田には「天性の才能」

[ 2018年3月17日 09:30 ]

森田剛、宮沢りえ結婚

結婚を報告した森田剛と宮沢りえの直筆署名入りファクス
Photo By スポニチ

 これまで2500人以上の筆跡を診断してきた「筆跡仕事人」芳田マサヒロさんがファクスに記された2人の直筆署名を診断し、りえの筆跡から「かかあ天下」な一面があると分析した。

 「宮」のうかんむりに着目し「第1画縦線の突き出しが大きい。自分の主張すべきことははっきりと伝え、頭を押さえつけられるのが性に合わない“かかあ天下”タイプを意味します」と説明。名字の筆跡から「しっかり者で財布の管理もきちっとできる」という側面もあるとした。

 一方、森田の筆跡で注目したのが「森」。「下の2つの“木”の横線が左に大きく突出しているのは、頭の回転が速く“才気横溢(さいきおういつ)”といって天性の才能のほとばしりを表す」と解説。広々としている「剛」のへんとつくりから「心が開放的で包容力があり、人から信頼されたり相談をもちかけられやすいタイプ」とした。

 芳田さんは診断の結果、「りえさんが家庭的でしっかり者、森田さんの才能を奥さんとして陰で支えつつ、家庭を守れば、いい夫婦関係が築けるでしょう」と助言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年3月17日のニュース