蛭子能収 漫画家としては月収30万円「儲からない」 テレビ出演料は…

[ 2018年3月17日 14:14 ]

漫画家の蛭子能収
Photo By スポニチ

 漫画家の蛭子能収(70)が17日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜後0・00)にゲスト出演し、蛭子ワールドを全開させてスタジオを沸かせた。

 番組MCの久本雅美(59)が「本業が何をしてる方かわからない人もいると思いますけど…」と蛭子に話を振ると「漫画家やってます。今も10個くらい連載があります」と告白。

 ギャラの話になると、「漫画家は意外に儲からないですよ。テレビの方が儲かります」と打ち明けながらも、漫画は1カ月に「20〜30(万円)くらい」とし、テレビの出演料は「1回20〜30(万円)出ますよね」と実際の金額を暴露した。さらに「とにかく楽なんですよね、テレビの方が」と話し、スタジオを沸かせた。

 私生活を撮影したVTRでは「コーヒーを5、6杯飲む」と断言するも、「コーヒーの味がわからない」「なんで飲むのか分からない」とコメントすると、久本から「(そう言う)蛭子が分からない」と返されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月17日のニュース