又吉 かつて芸名変更を検討 大学卒業生に独特の表現で激励

[ 2018年3月17日 18:31 ]

大阪府東大阪市内で行われた近大の卒業式にゲスト出演いした「ピース」の又吉直樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(37)が17日、大阪府東大阪市内で行われた近大の卒業式にゲスト出演。約10年前に芸名の変更を検討していたことを明かした。

 2007〜08年ごろ、あまりに人気がなくて「万博やったらさすがに人が(ライブを見に)くるやろう」と思って、「又吉万博博覧会」という名前に変えようと決意。相方・綾部祐二(40)には「万博には駐車場が必要」という理由で「綾部モータープール(大阪での駐車場の呼称)」にするよう打診したが拒まれたという。

 トークではそんな相方が昨年10月にハリウッド俳優を目指して海を渡った米国で、オーディションに落ちながらも挑戦を続けていることを持ちだし、「何かやってくれると思います」と期待。約5300人の卒業生らに対しては、「社会人になれば排水溝を見つめたり、深夜テレビの何も映っていない画面を見つめるようなこともある。それを乗り越えてほしい」と独特の表現で激励していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月17日のニュース