ブルゾン初紅白 マホーン生歌でwith Bと「35億!」

[ 2017年12月28日 05:30 ]

ブルゾンちえみ(中央)とwith Bこと「ブリリアン」のコージ(左)とダイキ
Photo By スポニチ

 タレントのブルゾンちえみ(27)が大みそかの「NHK紅白歌合戦」(後7・15)にゲスト出演することが27日、同局から発表された。

 最大の見せ場は、前半戦を締めくくる企画コーナー「紅白 HALFTIME SHOW」。ブルゾンのキャリアウーマンネタのBGM「ダーティ・ワーク」を歌う米歌手オースティン・マホーン(21)が登場し、生歌唱とネタでコラボする。ブルゾンは「with B」こと男性コンビ「ブリリアン」を従え、こん身の「35億!」をさく裂させそうだ。マホーンも「日本で一番有名な歌番組に出演させてくれてありがとう。見てね」とコメントを寄せた。

 このコーナーは昨年、NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」にちなみ、新設された。世界的にヒットしたピコ太郎(自称54)が「PPAP」を披露し、渡辺直美(30)が米歌手ビヨンセ(36)に扮してパフォーマンスした。渡辺は今年も出演し、ブルゾンの前に米歌手レディー・ガガ(31)に扮して「ポーカー・フェイス」と「ボーン・ディス・ウェイ」を披露する。

 ブルゾンは丘みどり(33)の前にも出番があり、NHKは「他にもさまざまな場面で神出鬼没に登場します」としている。

 ほかにも今年ブレークした「ANZEN漫才」のみやぞん(32)やサンシャイン池崎(36)、M―1グランプリ王者とろサーモンらのゲスト出演も決まった。安室奈美恵(40)と桑田佳祐(61)の出演決定で注目が高まる紅白だが、お笑い芸人たちも負けずに存在感を発揮しそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月28日のニュース