早見優 子宮筋腫摘出手術受けていた…ブログで報告、2月まで休養

[ 2017年12月27日 05:30 ]

タレントの早見優
Photo By スポニチ

 タレントの早見優(51)が26日、子宮筋腫の摘出手術を受けたことを自身のブログで明かした。

 「以前から患っていた子宮筋腫がこの1年でかなり大きくなったため、先週手術を受けました」と説明。腹部や腰の痛みが悪化し、医師に相談したところ年内に手術に踏み切ることになり、腹腔(ふくくう)鏡下手術を受けたという。

 医師からは6〜8週間の安静を勧められ「(来年)1月、2月いっぱいはお仕事をお休みさせていただきます」と休養することも報告。「完全に元気になって復活します」とつづった。

 所属事務所によると、手術は都内の病院で受け、約1週間入院し25日に退院。しばらく自宅で安静にし、体調をみながら仕事に復帰する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月27日のニュース