阿部桃子さん ミス・ユニバース世界大会で「ナショナルコスチューム賞」に輝く

[ 2017年11月27日 16:00 ]

ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さん
Photo By スポニチ

 米ラスベガス(ネバダ州)で開催されていた2017年のミス・ユニバース世界大会で、日本代表として出場した、リポーターの阿部祐二(59)の長女・阿部桃子さん(23)が「ナショナルコスチューム・民族衣装部門」で最優秀賞を獲得した。

 18日に行われたショーで、阿部さんは黒の忍者風衣装で登場、歌舞伎の手法から着想を得た早変わりで、浮世絵をモチーフにした着物風ドレス姿に変身。この日の受賞式でも、再現し大きな拍手を歓声を浴びていた。

 同賞はかつて、2006年に総合第2位にも輝いた知花くらら(35)も受賞している。

 ミス・ユニバース世界大会の優勝者は南アフリカ代表のデミ・リー・ネルピータースさん(22)。阿部さんは上位16人入りを逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月27日のニュース