ミス・ユニバースは南アフリカ代表に栄冠 護身術のトレーナー

[ 2017年11月27日 14:11 ]

ミスユニバース世界大会で優勝したネルピータースさん(AP)
Photo By AP

 米ラスベガス(ネバダ州)で開催されていた2017年のミス・ユニバース世界大会で、南アフリカ代表のデミ・リー・ネルピータースさん(22)が栄冠に輝いた。

 今年の大会には新たにカンボジア、ラオス、ネパールの代表が加わり、史上最多となる92の国と地域から代表が参加。南アフリカ代表の受賞は2回目となった。

 1995年6月28日に生まれたネルピータースさんは身長1メートル73。自身がカージャックに襲われた経験から護身術を習得し、現在はそのトレーナーを務めている。

 なお準ミスはコロンビア代表のラウラ・ゴンザレスさん(22)で、3位はジャマイカ代表のダビナ・ベネットさん(21)。日本代表として出場した、リポーターの阿部祐二(59)の長女・阿部桃子さん(23)は上位16人入りを逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年11月27日のニュース