いしだ壱成“厳格7ルール”封印 新恋人にデレデレ「タオルで体拭いてあげる」

[ 2017年11月27日 11:52 ]

俳優・いしだ壱成
Photo By スポニチ

 8月に2度目の離婚を発表し、19歳の舞台女優・飯村貴子と半同棲していることを公表している俳優・いしだ壱成(42)が27日、TBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)にVTR出演。飯村との生活や、結婚への思いを明かした。

 番組では、いしだの一日に密着。いしだは23歳下の新恋人について「びっくりするくらい性格が合う。魂レベルで出会っちゃってる」と大のろけ。さらに、カメラが回っている中でも電話やLINEでやりとりするなどラブラブぶりを見せつけた。

 いしだといえば、8月に離婚した前妻に対し「毎朝起床時にコップ1杯の水を用意」「シャワー中にバスタオル・洋服を準備」「サラダ用に7種類のドレッシングを用意」など7つの厳格なルールを課し、これらができていないと激怒して「ふざけんな」と暴言を吐いていたことでも知られている。

 飯村へのルーティンについては「不思議なもので、人って変わるんだなと。僕がやってあげています」と照れながら説明。「(飯村が)お風呂からあがったらバスタオルで体をふいてあげたり、髪の毛をタオルで拭いてあげたり」と性格が激変したことを明かした。

 また、この日は飯村への独占インタビューも放送。飯村は、いしだとの現在を「真実の愛なんじゃないかな」と話し、結婚についても「付き合って間もないし、未成年でもあるので」としながら「タイミングをみて、したいなと思っています」と明言。いしだも「“したいね”って言ってるんですけど。ひとまず成人して様子をみて」と視野に入れているとした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年11月27日のニュース