元SMAP3人そろって出席 “今年最も輝いた男性 草なぎ「転んでも良いものをもらえることもある」

[ 2017年11月22日 16:00 ]

「GQ MEN OF THE YEAR2017」授賞式に出席した(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾
Photo By スポニチ

 元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が22日、男性ファッション雑誌「GQJAPAN」が今年最も輝いた男性著名人を選ぶ「GQ MEN OF THEYEAR2017」に選出され、都内で行われた授賞式に3人そろって出席した。

 3人がそろって公の場に登場するのはジャニーズ事務所を退社後は初となる。3人は9月8日に30年間所属したジャニーズ事務所を退社し、2日から5日にかけて放送されたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」で独立後初共演。総視聴数は同局過去最高の7400万に到達し、番組関連ワードの総ツイート数は508万件超え、香取のインスタグラムがフォロワー数100万を突破するなど多くの記録を打ち立て話題を集めた。

 授賞式で稲垣は「情熱はいっぱいなのですが、まだ功績は全然何もしていなくて…。こういう素敵な賞をいただいて恐縮です。これを励みに前進し続けていければ」とスピーチ。草なぎも「新しい可能性を信じて努力していきたい」と力強く語り、「生きていれば転ぶこともあるんですけど、転んでも良いものをもらえることもあるという感じですね」と笑顔を見せた。香取は「ここが終着点にならないように頑張っていきます」と宣言。来春公開の映画「クソ野郎と美しき世界」に3人が出演することがすでに決まっているが、「また3人で頑張って前に進んでいきたい」と意気込んだ。

 「GQ MEN OF THEYEAR2017」は生き方、仕事、スタイル、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる賞で今年で12回目。3人の他に俳優の長谷川博己(40)、斎藤工(36)、棋士の佐藤天彦(29)、レーシングドライバーの佐藤琢磨(40)、「RADWIMPS」の野田洋次郎(32)、お笑い芸人のロバート秋山(39)も受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年11月22日のニュース