18トリンプ・イメージガールに越川友貴「谷間がきれいに出るな、と思いました」

[ 2017年10月24日 16:15 ]

<「2018トリンプ・イメージガール」発表会>越川友貴
Photo By スポニチ

 「2018トリンプ・イメージガール」の発表会が24日、都内で開催され、千葉県出身のモデル・越川友貴(こしかわ ゆき・24)が選ばれた。

 越川は「ミス・スプラナショナル2017」の日本代表としても活躍。長い手足と美しくくびれた抜群のプロポーションで会場を魅了した。「イメージガールに合格して驚いています。中学生の時から下着を愛用していたので、信じられない気持ちでいっぱい」と初々しくあいさつ。同ブランドの下着を身に着け「谷間がきれいに出るな、と思いました。盛れてました」とニッコリ。「今後は緊張感を持ちつつも、精一杯みなさんにハッピーを届けられるよう自分自身楽しんでイメージガールを務めたい」と語った。

 今年の自分を表した書も披露。「美」としたため、「今年は美しさと関わることが多かったので、美のパワーをたくさんの方に届けたい」と笑顔を見せた。

 今後の目標を問われると「タレント、女優もやってみたいですが、モデルに本格的にチャレンジしてみたい」と意欲。憧れの女性について聞かれると「篠原涼子さんです。ナチュラルで飾らないところに憧れています。ぜひ共演して、その雰囲気の源をお聞きしたい」と語っていた。 発表会には2017年のイメージガール松山亜耶(25)と静麻波(しずか・まなみ、23)も出席し、越川と交代式を行った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月24日のニュース