マック鈴木氏 妻・小原正子は「涙もろくなった」

[ 2017年10月18日 14:24 ]

「イクメン・オブ・ザ・イヤー 2017」に選ばれたマック鈴木
Photo By スポニチ

 元メジャーリーガーのマック鈴木氏(42)が18日、都内で行われた「イクメン・オブ・ザ・イヤー2017」に出席した。お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子(41)と結婚し、15年に長男、昨年11月に次男が誕生。同賞受賞について「奥さんあってこそ」と語り、妻に感謝した。

 2人の息子については「現役を終えてから子供を授かったので、子供と接する時間は長いかなと思います。今は幸せな時間をたくさん送らせてもらってる」と笑顔。次男を肩車する写真やお風呂に一緒に入る写真も公開。「最初からやっているので、(子供も)言うことを聞いてくれる」とイクメンぶりを披露した。

 妻については「40歳ぐらいで授かったので、涙もろくなってますね。ちょっとしたことで感動して泣いてますね」と苦笑い。愛息にバットを握らせたりしてますか?と聞かれると「嫁の方がそういう傾向がありますね」と告白。自身は野球選手か芸人かどちらの道に進んでほしいか問われると「どっちでもいいですけど、ちゃんと勉強はしておいてね」と話していた。

 ほかに「爆笑問題」の田中裕二(52)、ボクシング前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35)も受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年10月18日のニュース