大河ドラマ「西郷どん」 斉藤由貴代役は南野陽子

[ 2017年10月18日 18:20 ]

NHK大河ドラマ「西郷どん」で幾島を演じる南野陽子
Photo By スポニチ

 女優の南野陽子(50)が来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」で篤姫の教育係・幾島を演じることを18日、分かった。不倫騒動で出演を辞退した女優の斉藤由貴(51)の代役で、同日に同局が発表した。

 南野が演じるのは、薩摩藩島津家の一門に生まれ、島津本家の養女となった篤姫の教育係で女中頭・幾島。南野の大河ドラマ出演は「武田信玄」(1988年)以来、30年ぶり2度目。

 3日に行われた新キャスト発表会見で、同作の制作統括の桜井賢チーフ・プロデューサーは斉藤について「女優として勢いがあるすてきな人で、お迎えしたいと思っていたので、とても残念」とコメント。代役について「今、調整している。撮影に間に合うように、今月中に決まればいい」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年10月18日のニュース