欽ちゃん“新たな旅立ち”香取慎吾に金言送る「嫌な仕事断らないで」「汗かいて頑張って」

[ 2017年10月18日 20:57 ]

タレントの萩本欽一
Photo By スポニチ

 元SMAPの香取慎吾(40)がMCを務めるフジテレビ系「おじゃMAP!!スペシャル」(水曜後7・00)にタレント・萩本欽一(76)がゲスト出演。香取の「今後」についてアドバイスを送った。

 「欽ちゃん&香取慎吾の第94回全日本仮装大賞」(1月21日放送)以来、約9カ月ぶりの共演が実現。2人の共演は香取がジャニーズ事務所を退社して以来、初めて。番組初出演の萩本が香取と一緒にやってみたいことを一つずつかなえていく2人旅を敢行。萩本が現在通う駒沢大に行ったり、萩本の自宅兼オフィスも訪問した。

 自宅兼オフィスでは2人だけで「香取慎吾の今後について」話し合う場面が。香取が「新しいことをスタートした時って覚えてますか」と質問すると、萩本は「コント55号」を5年で休止し、ソロで活動をスタートした時の秘話を披露。「事務所に“司会の仕事はできないから断って”って言ったんだけど、そこで来たのが司会の仕事だったの。“僕は(番組を)前に進められません”と断ろうとしたら、“前に進める人がいればいいですね”と言われて」と、日本で初めて女性アシスタントを起用した司会者になったと明かした。「それから、気づいたら司会番組4本やっていたの。だから、俺だったら今ディレクターとかに“慎吾ちゃんに嫌なことさせろ”って言うよ。そこで(新たな可能性に)気がつくことがあればいいなあって」と金言を送った。

 その後、2人はかつての人気番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」(1981年4月〜1983年9月放送)の親子コントに2人で挑戦。香取は一人で「ヨシオ」「ワルオ」「フツオ」の3人の息子たちを演じた。萩本はコント後「慎吾には17歳のときに戻って汗をかいて頑張ってほしいなって」とコントをやった意図を明かし、香取の“新たな旅立ち”を祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年10月18日のニュース