新庄氏、槙原氏に“敬遠球打ち”の真相初告白「練習で打っていた」

[ 2017年8月19日 20:50 ]

新庄剛志氏
Photo By スポニチ

 阪神、日本ハムやメッツなどでプレーした元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が19日、TBS系「炎の体育会TV」(土曜後7・00)に出演。元巨人の槙原寛己氏(54)と対面し、伝説の「敬遠球打ち」の真相を明かした。

 新庄氏と槙原氏と聞いて思い出されるのは、1999年6月12日に甲子園で行われた阪神―巨人戦。当時阪神の4番打者だった新庄氏は、同点で迎えた延長12回裏1死一、三塁の打席で、巨人のストッパーだった槙原氏が投じた敬遠球を打ってサヨナラ打にした。

 対面するのは、その試合以来18年ぶりとなった両氏。新庄氏は「その2日前の広島戦で敬遠されて“これ打てるんじゃないかな”って思った。次の日の練習でバッティングピッチャーの人に“5球だけ投げてください”って言って打っていた」と敬遠球を打つための“事前練習”をしていたと槙原氏に明かした。

 一方、槙原氏は「打ったときにベースを踏んでいた」と新庄氏がホームベースを踏んでいたと主張し、本来はアウトだったと指摘。すると新庄氏は「確かに踏みました。審判はそういうところを見ていないと思っていた」と認め、槙原氏は「良かった。これでハッキリした」とスッキリした様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年8月19日のニュース