真田広之、菊地凛子、三池崇史監督が米アカデミー会員に

[ 2017年6月30日 05:30 ]

 米映画芸術科学アカデミーは28日、日本の俳優真田広之(56)、菊地凛子(36)、映画監督の三池崇史氏らを含む57カ国の774人を新規会員の候補にすると発表した。共同電によると、本人が辞退するなどしない限り、今秋から会員として登録される。

 受賞候補の選定が白人偏重などと批判を浴び、会員の構成を見直して人種や性別の多様性を図ると表明していた。今回の候補の登録により、女性会員は2015年の25%から28%に、白人以外の会員は同8%から13%に増えるとしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月30日のニュース