TOKIO、くりぃむ有田初主演ドラマ主題歌 長瀬渾身のロックナンバー

[ 2017年6月21日 17:13 ]

TBS系連続ドラマ「わにとかげぎす」主演の有田哲平とヒロインの本田翼(C)TBS
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平(46)が連続ドラマ初主演するTBS系「わにとかげぎす」(7月19日スタート、水曜後11時56分)の主題歌にTOKIOの新曲「クモ」が決定した。

 原作は「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実氏の人気コミック。今まで面倒を避け孤独に生きてきた男・富岡(有田哲平)がある夜、突然“孤独は罪だ!”と気付き、友達を作ろうと星に願うも、あらゆる事件に巻き込まれていく…という物語。サスペンス、コメディー、恋愛とさまざまな要素を含んだ人間ドラマとなる。ヒロインに本田翼(24)、共演に賀来賢人(27)ら。

 TOKIOの53枚目となるニューシングル「クモ」は、スタッフからオファーを受けた長瀬智也(38)が原作漫画を読み、不器用ながらも必死に生きる主人公を想い書き下ろし。切なさの中にも力強さや希望を感じられる渾身のロックナンバーとなっている。

 プロデューサーの峠田浩氏は起用理由を「富岡と羽田の純粋な恋愛を原作で何度も読んでいたとき、TOKIOさんの『LOVE YOU ONLY』が頭の中で流れまくってました。それ以降、富岡と同世代となった長瀬さん、そしてTOKIOさんは、この世界観をどう表現してくれるかと考え出して、これはTOKIOさんしかないと オファーしました」と説明した。

 長瀬は「原作を読ませて頂き、主人公・富岡の変わろうとする心、不器用ながらも真面目に生きる姿勢に心打たれました」とコメント。「ドラマの中でこの曲がかかっている時間だけは、そんな富岡がかっこよく見え、彼のきれいな気持ちがドラマチックに伝わると良いな、と思っています」と期待している。

 主演の有田哲平は「この曲がドラマの中でかかることを想像しただけで、すでにグッときています!」と感無量。さらに本田や賀来も「え!? TOKIOさんですか??」と驚き、カラオケでTOKIOの楽曲を歌うこともあるという賀来は「ヘビロテして聴いてます」と興奮を隠さなかった。

 「クモ」が流れる「わにとかげぎす」の最新スポットは、21日放送の同局連続ドラマ「3人のパパ」の最終回後に初公開。その後、番組公式サイトでも視聴できる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月21日のニュース