向井理「思い出を形として残したかった」 祖母の手記を映画化

[ 2017年6月5日 05:30 ]

映画「いつまた、君と」の俳句イベントを行った向井理(右)と俳人の星野高士氏
Photo By スポニチ

 俳優の向井理(35)が4日、都内で自身が企画・出演する映画「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」(24日公開)の感想を俳句で発表するイベントに参加した。

 向井の祖母・芦村朋子さんが夫・吾郎さんとの日々をつづった手記をもとにしており、向井は「思い出を形として残したかった」としみじみ。高浜虚子のひ孫にあたる俳人・星野高士氏(64)が監修を務め、向井と共演の尾野真千子(35)に「向ひ合ふ 千の谺(こだま)や 大夏野」の句をプレゼントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年6月5日のニュース