銭湯アイドル「純烈」人気沸騰!主婦のハートつかんだ「適度にイケメン」

[ 2017年3月22日 10:40 ]

新曲の発売イベントで公開合コンを行った純烈
Photo By スポニチ

 スーパー銭湯でのライブを中心に活動する“大人のアイドルグループ”「純烈」の人気が急上昇中だ。

 ムード歌謡を専門に歌う5人組。14日に発売した最新曲「愛でしばりたい」が、最新のオリコン週間シングルチャートでポップスやロックも含めた全体の売り上げを示す「総合部門」で初登場5位と、演歌・歌謡曲では破格のスタート。1日の売り上げを示すデイリーチャートでは総合1位を獲得、レコード会社も驚く進撃となっている。

 人気に火を付けたのはスーパー銭湯での評判。5人中4人が、テレビ朝日の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」などでヒーロー役を務めていた経歴にちなみ、11年に初めてライブを行ったところ、青春時代を思い出すムード歌謡と軽妙なトークで主に40〜50代の客から好評を博し、口コミでオファーが増えた。

 昨年10月、テレビ番組で特集されると人気が爆発。放送後にスーパー銭湯からのオファーが約300件殺到している。

 ブレークの要因は親しみやすいキャラクター。家族連れが多いスーパー銭湯で、年配層だけでなく、子供ら家族全体にウケた。人気の中心は子育てが一段落した主婦層で「適度にイケメン」なルックスがハートをわしづかみにしている。今月14日には、希望の多かった企画「スーパー銭湯での合コン」を埼玉・草加健康センターで開催。10代から60代の女性10人と、デュエットをしたり抱擁を交わす魅惑の時を過ごした。

 メンバーの小田井涼平(46)は「45歳を超えるとコンパも久しぶりで楽しかった。ファンにも楽しんでもらえてうれしい」と笑顔。斬新な活動ぶりに、テレビの情報番組からの取材も殺到しているという。

 来月26日には、スーパー銭湯でのライブ映像を収めたDVD「純烈の健康センターで会いましょう」が発売されるなど、まさに人気沸騰中。メンバーが「年末の晴れ舞台に出て親孝行したい」と公言している、大みそかのNHK紅白歌合戦出場も視野に入ってきた。

 ◆白川 裕二郎(しらかわ・ゆうじろう)1976年(昭51)12月11日、神奈川県生まれの40歳。釣りが趣味。特技は股割り。

 ◆友井 雄亮(ともい・ゆうすけ)1980年(昭55)4月2日、大阪府生まれの36歳。特技はダンス。旅番組「世界ウルルン滞在記」で未開の地の訪問多数。

 ◆小田井 涼平(おだい・りょうへい)1971年(昭46)2月23日、兵庫県生まれの46歳。模型を作るのが大好きな最年長。

 ◆酒井 一圭(さかい・かずよし)1975年(昭50)6月20日、大阪府生まれの41歳。競馬が趣味。5代目あばれはっちゃくとして「逆転あばれはっちゃく」(85年)主演。

 ◆後上 翔太(ごがみ・しょうた)1986年(昭61)10月23日、東京都生まれの30歳。内山田洋とクールファイブが好き。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月22日のニュース