山本裕典 解雇…相次ぐ女性トラブル このまま引退も…

[ 2017年3月22日 05:45 ]

俳優の山本裕典
Photo By スポニチ

 芸能事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」が21日、ジュノンボーイ出身の俳優山本裕典(29)との契約終了を発表した。事実上の“解雇”で、理由については「弊社とのマネジメント業務委託契約の内容に違反したため」としている。以前から私生活でのトラブルが多く、役者業への向き合い方を問題視していた。

 この日、山本は事務所側と話し合いを持ち、契約を終了することを伝えられた。関係者は「本人も覚悟はしていた。納得して受け入れたようです」と明かした。事務所側は契約違反とした具体的な内容について「法に触れる問題は一切起こしていない」とした上で、「仕事に対する姿勢が求めるレベルにないということ」と説明した。

 周囲によると、飲酒時や女性関係のトラブルが頻繁にあったほか、「事務所に内緒でバーを経営していた。接客することもあった」という。事務所側は山本に何かトラブルがあった時はその都度話し合い、役者業に集中することを求めていたという。クビが決定的となったのは、今年に入ってから起きた女性問題の影響が大きいとみられる。山本の知人は「詳しくは言えないが、短期間に女性絡みのトラブルを2件起こしている。さすがに今回は事務所も我慢しきれなかったのでは」と明かした。

 事務所側も断腸の思いで下した決断だった。山本は同社を草創期から支えてきた功労者。中田しげる社長は「このような結果は非常に残念であり、私どもの指導力不足を痛感しているところでもあります」とコメントした。ドラマや映画、舞台への出演予定はなく、仕事に影響はない。今後について、山本の知人は「現状は白紙だと思う。芸能界に残るかどうか分からない。引退する可能性もある」と話している。

 山本については、今年1月に写真誌「フライデー」で、飲み会で一緒になった美女と2人で自宅マンションに入る様子が報じられていた。

 ◆山本 裕典(やまもと・ゆうすけ)1988年(昭63)1月19日、愛知県生まれの29歳。2005年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞。06年「仮面ライダーカブト」で俳優デビュー。以降もドラマ「GTO」(12年)や映画「貞子3D」(12年公開)など数多くの話題作に出演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月22日のニュース