冨田さん刺傷事件に憤り 松ちゃん「34人殺した」ヒロミ「これは殺人」

[ 2017年2月26日 12:35 ]

「ダウンタウン」松本人志(左)とヒロミ
Photo By スポニチ

 「ダウンタウン」の松本人志(53)が26日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜午前10・00)に出演し、東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が刺された事件についてコメント。殺人未遂罪などに問われたファンの無職岩埼友宏被告(28)が冨田さんをナイフで34回刺したことから「34人の人を殺した」と断罪した。

 24日に裁判員裁判公判が東京地裁立川支部で開かれ、冨田さんが出廷して意見陳述。途中、岩埼被告は不規則発言を繰り返し、退廷を命じられた。

 検察側が懲役17年を求刑したが、松本は岩埼被告について「犯人も若いから、下手したら30代ぐらいで出てきますよ」と、その量刑にも触れつつ「34回刺したんでしょ。これは34人の人を殺したと思っていい」とコメント。さらに、映画「ゴッドファーザー」の冒頭場面を引き合いに出し「そういう(被告に復讐する)機関がないのかと思う」と憤りを隠すことはなかった。

 タレントのヒロミ(53)も「たまたま助かった。彼女(冨田さん)の強さもあった。これは殺人だよ」と持論を展開。その上で「(事件で)怖い思いをして、犯人の怖い声を聞いて、そこでもう一回刺されちゃうくらい大変な傷を負ったと思う」と出廷した富田さんを思いやりながら「助かってよかったと思えるような今後の人生を。人生が楽しく思えるようなものになってほしい」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月26日のニュース