鶴瓶 4代目春団治襲名の桂春之輔に「アホやからね 僕は反対ですよ」

[ 2017年2月26日 22:10 ]

 昨年1月に心不全のため85歳で死去した故・3代目桂春団治さんの1周忌追善落語会が26日、大阪松竹座(大阪市中央区)で開かれ、今月2日に来春の4代目春団治襲名を発表した桂春之輔(68)が笑福亭鶴瓶(65)から“イジり”を受けた。

 春団治さんの形見分けの帯を着けて登場した鶴瓶。墓参りの際に師匠の墓の場所を迷う春之輔に「なんで分からんの?」とあきれると、「(墓の形が)みんな似てるから」と返したことを明かし、「アホでしょ?」。さらに「愛人の家の前で交通事故にあって頭打ってからアホになった。運ばれた病院で命を救ってくれた先生の名前も忘れてた」と続けた。

 「あの人アホやからね、僕は(襲名に)反対ですよ」とニヤリ。「あんたが名乗る前に俺が笑福亭春団治を名乗る、と言ってます」と話し、爆笑を誘った。

 トリで登場した春之輔は、「さっき鶴瓶が言うた事はほぼ合ってますが、1つだけ訂正したい」と物言いをつけ、「電柱で頭打って、命助けてもらった医師の名を忘れたなんて真っ赤なウソ。のっけから覚えてまへんねん」。絶妙な“時間差での掛け合い”をみせ、会場を大いに沸かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月26日のニュース