ミス・ユニバース 仏代表が優勝、日本代表・中沢さんは入賞逃す

[ 2017年1月31日 05:30 ]

ミス・ユニバース世界大会で優勝したフランス代表のイリス・ミトゥネールさん(右)
Photo By AP

 ミス・ユニバース世界大会が30日、フィリピンの首都マニラで開かれ、日本代表として出場した大津市出身の大学生中沢沙理さん(23)は上位13人に残れず、入賞を逃した。優勝はフランス代表のイリス・ミトゥネールさん(24)。

 共同電によると、大会には86の国・地域の代表が参加した。ミス・ユニバースはかつてトランプ氏が運営。昨年の大統領選のさなかには対立候補のクリントン氏が、1996年に優勝後、体重が急増したベネズエラ出身の女性をトランプ氏が「ミス子豚」と呼んでいたと非難した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月31日のニュース