PR:

「ドクターX」最終回22・8%で有終の美 今年の民放連ドラ圧倒1位

テレビ朝日「ドクターX〜外科医・大門未知子」の主演を務めた米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(41)が主演を務めたテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)の最終回(第11話)が22日に15分拡大で放送され、平均視聴率は22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。今年の民放連続ドラマとしては、第3話24・3%に次ぐ2番目の高視聴率。11話中10回目、9週連続となる大台突破で有終の美を飾った。

 瞬間最高視聴率は午後10時8分の26・2%。最後の最後、エンドロールが流れる中、お笑い芸人・古坂大魔王(43)扮した配達員が倒れ、大門未知子(米倉)が対処。注射を打つ際に「私、失敗しないので」の決め台詞を言う場面だった。

 全11話の期間平均は21・5%。4月クールのTBS日曜劇場「99・9−刑事専門弁護士−」(日曜後9・00)の期間平均17・2%を上回り、今年の民放連ドラ1位に輝いた。

 単話も「ドクターX」第3話の24・3%が今年の民放連ドラ1位。ブームを巻き起こした10月クールのTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)が最終回に一度、大台超え(20・8%)をマークしたが、「ドクターX」の大台超えは10回。記録ずくめの圧倒的な強さを示した。

 初回20・4%は今年の民放連続ドラマ初の20%超えとなり、いきなり今年の民放連ドラ1位を記録。第2話は19・7%と微減したものの、第3話は前枠「日本シリーズ 日本ハム×広島 第5戦」の生中継が延長して50分遅れの放送開始ながら、今シリーズ最高となる24・3%をマークした。

 第4話以降も21・3%、第5話20・4%、第6話21・5%、第7話22・2%、第8話20・7%、第9話22・6%、第10話20・5%と異次元のハイレベルな独走を続けていた。

 孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かった。

 最終回は、局所進行膵がんであることを打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、ついに倒れてしまい、大門未知子(米倉)は執刀医になることを申し出る。しかし、博美のがんは完全切除が不可能な状態だった。一方、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王・王超(矢野浩二)は「東帝大学病院」から優秀な医師を引き抜こうと画策。その王の紹介で、ある病気を患った次期大統領候補と、妊娠中の妻が「東帝大」に極秘入院する…という展開だった。

[ 2016年12月26日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月15日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル