「嵐」初の紅白大トリ 元広島・黒田氏と福山雅治の“コラボ”も

[ 2016年12月26日 05:30 ]

NHK紅白歌合戦でトリを務める石川さゆり(昨年の紅白より)
Photo By スポニチ

 人気グループ「嵐」が、大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)で大トリを務める。同局が25日に発表した。14年に白組のトリを務めているが、大トリは初めて。紅組のトリは石川さゆり(58)で5年ぶり7回目。

 全体のトップバッターは白組の「関ジャニ∞」。紅組トップは初出場の「PUFFY」。同じく初出場の「RADWIMPS」は後半の最初に登場し、音楽を手がけたアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を、新海誠監督が編集したスペシャル映像とともに歌う。

 また、今季限りで引退したプロ野球、広島の黒田博樹元投手(41)が、福山雅治(47)と“コラボ”する。メドレーで歌唱する「少年」は、黒田氏が2年前にライブで聴き、日本球界復帰の決断を後押しされた曲で、その思いや福山へのメッセージを届けるという。

 松田聖子(54)は「薔薇のように咲いて 桜のように散って」を、詞・曲を手がけた「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)のピアノ演奏で歌う。香西かおり(53)は今年の大河ドラマ「真田丸」と特別コラボし、橋本マナミ(32)が踊りで参加する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月26日のニュース