イルカ 20年間の介護生活を初告白「愛を貫いて成就した」

[ 2016年11月25日 20:35 ]

歌手のイルカ
Photo By スポニチ

 歌手のイルカ(65)が25日に放送されたTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。20年に及んだ夫の介護生活をテレビ初告白した。

 イルカは大学時代に神戸和夫さんと知り合い、1972年に卒業と同時に結婚。その後和夫さんがイルカの音楽プロデューサーを務め、「なごり雪」を薦めるなどイルカの活躍を支えた。

 なごり雪のヒットから約10年後の1980年代中頃、和夫さんは謎の症状に悩まされる。急に体が硬直して転倒する、仕事人間だったのに理由なく仕事をドタキャンするなど異常が見られるようになった。病院をいくつも巡っても異常なしとされたが、約10軒目の病院で「パーキンソン病」と診断された。

 治療を始めて約13年後、和夫さんはパーキンソン病に対する専門的なリハビリを取り入れる旭川の病院へ入院。イルカは2本のレギュラー番組、年間100本のコンサートをこなす中、東京と旭川の二重生活を続けた。

 音楽活動の裏で懸命の介護を続けたが、パーキンソン病発症から20年が経った2007年3月、和夫さんが死去。イルカは「夫に先立たれたことは不幸なことであるように思うんですけど、初めて出会った人と結婚して。夫に先立たれて。愛を貫いて成就した」とすっきりした表情で話した。

 また、リハビリ生活を振り返り、「病気は彼の一部分であって、彼でなくなったわけじゃない。夫と一緒にこうやって2人で生きていくということであって。それは1つの幸せなんだなと思いますね」と柔らかな笑顔を浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年11月25日のニュース