M―1に疑惑!?決勝進出8組中3組が「ナイトスクープ」出演

[ 2016年11月21日 05:55 ]

M―1グランプリ決勝に進出したメンバー

 賞金1000万円をかけた漫才師No・1決定戦「M―1グランプリ2016」の決勝進出者が20日、都内で発表された。

 エントリー3503組からファイナリストに選ばれた8組は「相席スタート」「アキナ」「カミナリ」「銀シャリ」「さらば青春の光」「スーパーマラドーナ」「スリムクラブ」「ハライチ」。

 このうち「銀シャリ」橋本直(36)、「スリムクラブ」真栄田賢(40)、「ハライチ」澤部佑(30)が、同大会を主催する朝日放送(大阪市)のバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)に探偵として出演中。この、単なる?偶然が会見で大きな話題となった。

 司会を務めた陣内智則(42)こそ「(番組の顔である)西田(敏行)局長が選んだんちゃう?」と笑わせたものの、澤部はこの事実について「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)から「何だこれ!」とクレームがあったことを告白。ただ、橋本は「探偵をM―1が選んでるんじゃなくて(M―1の決勝に行けるほど)凄い人が探偵に選ばれているんです!」と悠然と言い放った。

 2010年、昨年に続くM―1決勝で“三度目の正直”となるかに注目が集まる銀シャリ。橋本は「去年2位なので今回は優勝したい」と力を込めた。相方の鰻和弘(33)は賞金の使い道について「1カ月休みをもらって、コンビでV旅行に行きたい」とコンビ仲の良さをアピール。また、「優勝したら、全国に散らばっている6人の“鰻”姓の人に会いたい」と“鰻さん全員集合”の野望を明かしていた。

 決勝は12月4日、当日実施の敗者復活戦で勝ち残った1組も加えた全9組で頂点を競う。テレビ朝日系で同日午後6時30分から生放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月21日のニュース