松本零士氏感謝 肝付さんは「999に同乗して旅をした同志」

[ 2016年10月25日 05:30 ]

肝付兼太さん死去

 「銀河鉄道999」の作者、松本零士氏(78)は「999に同乗して旅をした同志。大切な人を亡くしてしまった」と悲しんだ。

 車掌は「未来へ向かう少年を守り、助ける大切な役」であり「肝付さんの車掌は安心感を与えてくれた」と感謝した。当時を振り返り「最初は車掌の正体を教えなかったから、彼は役作りができず困っていた。それは(物語を)謎にしておきたかったんだけどね。ゆっくり明かしていった。彼も納得してくれた」と明かした。物語は今も完結しておらず「次も彼に頼むつもりだったのに…」と残念がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月25日のニュース