佐々木希「肌見せ」シースルードレスにイェソン興奮「ドキドキします」

[ 2016年10月25日 15:17 ]

舞台あいさつを行った佐々木希(左)とイェソン
Photo By スポニチ

 韓国の人気グループ「SUPER JUNIOR」のイェソン(32)と女優の佐々木希(28)が25日、第29回東京国際映画祭の特別招待作品となった「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」(監督朝原雄三、11月3日)の上映後に舞台あいさつを行った。

 佐々木は、映画祭のオープニングに合わせ黒いベルベットのロングドレス姿。しかも、スカート部分はシースルーというセクシーないで立ちで「肌見せで、大胆にしました」と笑顔。舞台で初めて気づいたイェソンも、佐々木の脚を凝視し「シースルーですか。すごいですね。ドキドキします」と胸に手を当てて動揺を抑えるほどだった。

 映画は沖縄を舞台に、韓国語教師になった崖っぷち会社員と教え子のシングルマザーの恋愛を描く。佐々木は、映画祭での上映に「日本の文化、沖縄の素晴らしさを世界中の人に知ってもらい。日本に来る際の参考にしてほしい」と期待していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月25日のニュース