大野拓朗、終戦企画ドラマ主演 試写会で涙「大変だった。感無量」

[ 2016年8月4日 05:30 ]

NHKのドラマ「ラスト・アタック」試写会に出席した大野拓朗(左)と竹中直人

 俳優の大野拓朗(27)が主演するNHK・BSプレミアムの終戦企画ドラマ「ラスト・アタック」(15日後9・00)の試写会が3日、東京・渋谷の同局で行われた。

 1945年の終戦の際に沖縄・伊平屋島で起きた実話に基づく物語。生きることに悩む軍人を演じた大野は難易度の高い役づくりに「大変だった。出来上がった作品を見て感無量です」と涙を流した。丸刈り頭については「中学校の部活の時以来だが、周りから“かっこいいね”と言われてラッキー」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年8月4日のニュース