有村架純 朝ドラヒロインに!「あまちゃん」から4年 成り上がった

[ 2016年6月30日 05:30 ]

<NHK連続テレビ小説「ひよっこ」ヒロイン発表会見>ヒロインに抜擢された有村架純

 女優の有村架純(23)が来年4月3日スタートのNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに決まり、29日、東京・渋谷の同局で発表された。

 朝ドラ出演は、ブレークのきっかけとなった2013年4月の「あまちゃん」で主人公の母親の少女時代を演じて以来。今回、オーディションではなくNHKと脚本の岡田惠和氏(57)の強い要請で出演する有村は「“あまちゃん”の時はヒロインのオーディションを受けていたので、ヒロインに憧れというものは持っていました。皆さんに新しい風を吹かせたい」と喜びを語った。

 キャスティングでのヒロイン決定は14年4月の「花子とアン」の吉高由里子(27)以来。NHKの菓子浩チーフ・プロデューサーは「今を時めく有村さんにお願いした。この物語のヒロインにはモチーフがないので透明感と力強さがある女優じゃないと演じるのが難しいが、有村さんはピッタリ」と起用理由を説明。岡田氏は「“有村さんでやりたい”と言い続けたので、実って幸せ」と喜んだ。有村が主演した今年1月のフジテレビの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は「名作で有村さんの代表作になった」とする一方で、「代表作を更新したい」と意気込んだ。

 有村は「“あまちゃん”の時とは180度違う気持ち。打ち合わせの時に“NHKの顔になってください”と言われ、あの時とははるか違うところに自分はいるんだと思う」と緊張した表情。最近は朝ドラの高視聴率が続いていることに「とても良い走りのリレーが行われているので、きちんとバトンを受け取って、落とさないように、弱い力で飛んじゃわないように、なんとかついていきたい」と決意を示した。今秋に撮影開始予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月30日のニュース