能年玲奈応援ツイートに熱い投稿続々「いまだあまロス」「夢をかたちに」

[ 2016年6月30日 15:36 ]

能年玲奈

 2017年4月スタートのNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに女優の有村架純(23)が決まり、29日発表された。朝ドラ出演は、ブレークのきっかけとなった2013年4月の「あまちゃん」で主人公の母親の少女時代を演じて以来となる。

 一方で「あまちゃん」に主演した能年玲奈(22)は、表立った活動が減った中でも、ブログやツイッターなどで元気な姿を見せ続けてきた。「おそ松さん」の六つ子コスプレがかわいいと話題をさらったり、楽しみながら過ごす休日を紹介、熊本地震の際には“くまモンがんばれ絵”や、「どうすれば、いいのか。でも何か…と思いました」とつづり“めじろんがんばれ絵”をアップ。ひっそりとエクアドル地震への思いも寄せていた。

 能年は、小泉今日子(50)が出演した公演「マイ・ラスト・ソング」を観劇した5月10日に小泉とのツーショット写真をブログ投稿、「ママとツーショットおさしん!きゃー。」とつづり、元気な姿をみせたが、この日以来、ブログの更新は止まったまま。しかし、29日時点でコメントが4000件以上にのぼり、現在も増え続けている。4月に刊行された小泉のエッセー集「黄色いマンション黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)の中で、「苦い思いも挫折も孤独も全て飛び越えて早くこっちへいらっしゃいという思いで能年ちゃんを見守る」とも語られている。

 能年がつづった「どうすれば、いいのか。でも何か…」という思いは、ファンが共有する切ない胸の内だ。事務所との契約終了が近いとされているが、ネット上では“能年玲奈応援ツイート”などのハッシュタグがいくつも立てられ、ファンが思い思いのシーンを熱いコメント付きでアップし続けている。「(人生は、夢だらけ)この言葉が1番似合うのは能年玲奈だと思う」「能年ちゃんの頑張りは私の何倍も大きいと思う。頑張ってるんだから、私も負けねぇぞっていう気持ちになる」「頼むから戻って来て。俺、いまだにあまロスなんだよ泣」「回生エネルギーだべ」「能年ちゃんの夢をかたちに」……。

 7月15日には、日本テレビ金曜ロードSHOW(金曜後21・00)で主演作「ホットロード」が地上波初放送となる。どんな気持ちで見ることになるのだろうか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月30日のニュース