大城バネサ 五輪へエール唱 最新曲がテコンドー公認ソング起用

[ 2016年6月30日 05:30 ]

濱田真由選手(右)を激励する大城バネサ

 演歌歌手の大城バネサ(34)が29日、岐阜県羽島市内で行われた「テコンドー・リオ五輪壮行会」に参加した。

 最新曲「伝えたい」などが全日本テコンドー協会公認ソングに起用されているため。リオ五輪代表の浜田真由(22)らを前に同曲やロングヒット中の「逢いたい島」などを歌い「夢を持って生きていればきっと夢はかなう」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月30日のニュース