膀胱がん患った著名人 松田優作さんは治療拒否、撮影続行

[ 2016年5月14日 05:30 ]

 膀胱がんを患った著名人には、俳優の松田優作さんや菅原文太さんらがいる。松田さんは88年、米映画「ブラック・レイン」の撮影中にがんを知ったが、念願のハリウッドデビュー作だったこともあり、治療を拒否し撮影に臨み続けた。菅原さんは07年、膀胱の摘出手術を提案されたが拒否し、温存療法を選択した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月14日のニュース