ベッキー 失墜したイメージの回復に再度の謝罪会見は必要か

[ 2016年5月10日 05:30 ]

1月の会見で憔悴しきった表情のベッキー

 不倫騒動の渦中にあった、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)が離婚を発表し、騒動は収束に向かって動きだしたが、ベッキー(32)には大きな課題が残っている。失墜したイメージの回復だ。

 今回の騒動が拡大した最大の原因は、1月6日に自ら開いた会見でお茶の間に虚偽の内容を伝えたことにある。会見前に川谷と「友達で押し通す予定」と示し合わせていたことが後に明らかになり、多くの人が裏切り行為だと捉えた。そのため、復帰するにあたっては「質疑応答に応じる謝罪会見が不可欠」という声が根強い。

 一方で、現在のベッキーは、厳しい質問に答えられるだけの精神状態にないのも実情。「謝罪会見をしてもイメージは回復しない」との指摘や、「騒動の経過はすでに報道で明らかになっているから、やる意味がない」との声もあり謝罪会見が開かれるかは不透明だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月10日のニュース