水戸市、BPOに意見書 印籠使ったTBS番組「虚偽」

[ 2016年3月2日 13:04 ]

 水戸市は2日までに、TBS系のバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」が2月3日に放送した水戸黄門に関する内容に虚偽があったとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)に意見書を提出した。

 意見書や市によると、番組はTBS系で放送されていた時代劇「水戸黄門」で使われていた印籠が、水戸では今も効果があるかを検証する内容。水戸駅周辺で、黄門役の老人が喫煙するエキストラの若者グループを注意し「助さん格さん」役の2人が印籠を出したことに、若者らが興奮し罵声を浴びせ続けた。

 市は、若者らがエキストラであることを番組で伝えなかったことを「虚偽」と問題視した。放送後、視聴者から市に「治安の悪さから観光を取りやめた」「イメージが最悪になった」といった苦情が寄せられたという。

 意見書は「視聴者に水戸市は粗暴な若者が多く、治安も悪いと誤解させた」としている。

 TBS広報部は「BPOへの意見書を十分に検討した上で、今後も誠意をもって対応してまいります」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年3月2日のニュース