テレビ朝日 不倫小説「不機嫌な果実」ドラマ化に「偶然」強調

[ 2016年3月2日 15:23 ]

テレビ朝日

 テレビ朝日の「2016年4月改編」説明会が2日、東京・六本木の同局で行われた。金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜後11・15)で作家・林真理子さん(61)の伝説の不倫小説「不機嫌な果実」の連続ドラマ化については“偶然”を強調した。

 同作は1996年に出版され、翌97年にTBSが石田ゆり子(46)、岡本健一(46)らの出演でドラマ化されており、女優・栗山千明(31)主演の今回は約19年ぶりのドラマ化。

 不倫が世間を騒がせている昨今、今の時期に不倫ドラマはどうか?との質問に、同局の谷口洋一編成部長は「たまたま、偶然ハマっただけです。ドラマの準備は前からずっとしていたので、たまたまハマっただけなんですけど、コメントしにくい」とし「ホント偶然です」と強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年3月2日のニュース