紅白裏格闘技「RIZIN」7・3% 魔裟斗復活9・0%

[ 2016年1月2日 11:31 ]

12年ぶりの再戦となったボブ・サップ(左)と曙

 昨年大みそかに放送されたフジテレビ「RIZIN」の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第2部(後8・45)は7・3%を記録した。TBS「史上最大の限界バトル KYOKUGEN2015」の「魔裟斗VS山本KID徳郁」(後10・00)は9・0%。「NHK紅白歌合戦」の裏番組として久々に総合格闘技が放送されたが、ともに1桁に終わった。

 2009年には、TBS「格闘技史上最大の祭典◇Dynamite!!勇気のチカラ」が16・7%を記録。紅白裏民放トップを獲得するほどだった。

 フジが大みそかに格闘技イベントを放送するのは2005年「PRIDE男祭り 頂」以来10年ぶり。

 フジは13年「1964~2020東京の夢と奇跡の物語」(後8・55~11・45)が2・0%、14年「THE FACE OF 2014 世界が選ぶ今年の顔アワード!!」(後6・00~9・00)が4・0%、「ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」(後9・00~11・00)が3・3%と、大みそかは惨敗続きだった。

 「RIZIN」の注目は、曙(46)とボブ・サップ(42)の12年ぶり再戦。曙は1回に右フックを浴びて左耳後ろの後頭部から出血。3度目のレフェリーストップが入った2回47秒、ドクターストップで判定に持ち込まれ、0―3で敗戦。目の前の事象が信じられないかのように、元横綱の表情には消化不良の色が覆った。

 「魔裟斗VS山本KID徳郁」は04年大みそか「K―1Dynamite!!」以来11年ぶりの再戦。魔裟斗は6年ぶりに現役復帰し、現役UFC選手のKIDと3分3RのK―1ルールで対戦。2Rに左フックでダウンを奪い、3―0で判定勝ちした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年1月2日のニュース