大賞に「ラ・マンチャの男」松本幸四郎ら 文化庁芸術祭賞発表

[ 2015年12月25日 17:34 ]

 文化庁は25日、2015年度の芸術祭賞を21の個人と15団体に贈ると発表した。ミュージカル「ラ・マンチャの男」で主役を演じる松本幸四郎(73)が演劇部門の大賞を受賞。1969年の初演から1200回を超える上演を果たし、国内最高峰の舞台活動を展開していると評価された。

 大賞はこのほか、義太夫節浄瑠璃の人間国宝竹本駒之助さん(80)=音楽部門、横山秀夫さん原作のドラマ「64(ロクヨン)」を制作したNHK=テレビ・ドラマ部門、大戦中に米軍の機銃掃射を受けた人々の証言を伝えた宮崎放送=ラジオ部門=などが受賞した。

 優秀賞は、人気漫画に基づくスーパー歌舞伎「ワンピース」を上演した新橋演舞場(東京都)、オペラ上演で優れた成果を挙げた大阪音楽大、女性たちの終戦後の過酷な引き揚げ体験をドキュメンタリー番組にした山口放送などが受賞した。

 芸術祭はことしで70回目。10、11月に関東と関西で上演、放送された演劇や音楽、大衆芸能、テレビ・ラジオ番組など288件が審査対象になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月25日のニュース