たけし、フライデー襲撃事件自ら語る「自分が芸能界にいるのはおかしい」

[ 2015年12月25日 14:17 ]

26日放送の番組でフライデー襲撃事件を語るビートたけし

 ビートたけし(68)が26日放送のTBSテレビ60周年特別企画「たけし&安住が贈る!『伝説の芸能60年史』」(土曜後9・00)で、自らが起こした「フライデー襲撃事件」について当日の現場の様子を語る。

 同事件は1986年12月、たけしとたけし軍団が講談社の写真週刊誌「フライデー」の編集部を襲撃したもの。たけしは事件について、たけし軍団との直前のやり取りを明かし、講談社側の対応など現場の様子を語った。「今、自分が芸能界にいるのはおかしい」と話すたけし。事件をどう振り返るのか注目だ。

 番組では、TBSライブラリーにある放送済み芸能ニュースのVTRの長さを集計して、長い順にベスト30を発表する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月25日のニュース