福田花音、アンジュルムに詞を…作詞家転身 卒業公演で“約束”

[ 2015年11月30日 05:30 ]

涙ぐみながら手紙を読み上げる福田花音

 女性アイドルグループ「アンジュルム」が29日、秋の全国ツアー千秋楽を東京・日本武道館で迎えた。

 09年結成以来のメンバー福田花音(20)がこの日をもって卒業。所属する「ハロー!プロジェクト」のリーダーを務める「度―ute」の矢島舞美(23)も駆けつけ、前身の「スマイレージ」時代からの約6年半をねぎらった。

 今後は作詞家を目指す福田は、同期の和田彩花(21)らメンバー一人一人とデュエットし、手紙を朗読。「いつかアンジュルムが大ブレークする時のヒット曲を、作詞家福田花音が書けていたら幸せだなぁって思います。いや、絶対かなえてみせます!」と話すと、こらえきれずに涙を流した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月30日のニュース