山田洋次監督「原節子さんは美しいままに永遠に生きている人」

[ 2015年11月25日 23:26 ]

映画「東京物語」の(左から)笠智衆さん、原節子さん、東山千栄子さん
Photo By スポニチ

原節子さん死去

 ▼山田洋次監督の話 原節子さんが亡くなったなどという知らせを聞きたくありません。原節子さんは美しいままに永遠に生きている人です。半分は神様と思って手を合わせます。

 ▼女優・香川京子の話 明るく元気で、美しくて品の良い方でした。映画界に入る時も憧れの存在で、「東京物語」でご一緒できるのがすごくうれしかった。尾道のロケでは部屋が隣で、お部屋に行ってお話ししたのを覚えています。まるでお姉さんのように優しく接してくださった。引退するのはもったいないと思いましたが、お考えがあったのだと思います。引退後は鎌倉にいらっしゃるということは時々、耳にしていましたが、お話しする機会もなかった。すごく寂しいです。

 ▼元映画プロデューサー・山内静夫さんの話 原節子さんは女優の象徴のような人。一つの時代が終わったと、ぼうぜんとしています。「秋日和」「東京暮色」でご一緒しましたが、他の俳優さんとは輝きが別格。普段は無口でご自分のことを語るような人ではなかったが、仕事後の宴会では、小津安二郎監督たちと明るくビールなどを飲んでいらした。引退後は、私が本を書く際、ご登場をどんなにお願いしても「済んでしまったことですから」と絶対に表に出ようとせず、その点はとても毅然とした方でした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年11月25日のニュース