テレ朝、ヘリウムガス事故でプロデューサーら懲戒処分も公表せず

[ 2015年11月25日 05:30 ]

 ヘリウムガスを使った番組収録中に女性アイドルグループ「3B junior(スリービージュニア)」のメンバーが意識を失って入院した事故で、テレビ朝日が事故当時の番組プロデューサーらを懲戒処分していたことが24日、分かった。処分は10月26日付で決定したが公表していなかった。

 テレ朝によると、番組プロデューサーを当時務めていた総合ビジネス局の社員を戒告、その上司だった同局デジタル事業センター長をけん責にした。

 倒れたメンバーは体調が回復し、既に芸能活動を再開しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年11月25日のニュース